日本フィジカルアコースティクス株式会社

Home AE検査・計測サービス AEによる製品検査射出成形時に発生する製品の割れの検出
AEによる射出成形時に発生する製品の割れの検出
射出成形は、金型降下→樹脂流入→加圧→金型上昇、と加工が進行し、この過程において、特に加圧過程において製品に亀裂が発生する。通常、発生する亀裂は小さく目視による発見は困難である。

 射出成形過程で発生するAEの振幅を調べてみると、製品に亀裂が発生した場合、加圧中に振幅の大きなAEの発生が認められる。そこで、成形信号より加圧過程を把握し、加圧中に発生するAEの振幅を判断することにより成形中の製品の割れ発生を検出する。
製 品 例 射 出 成 形 機
割れが発生した場合のAE信号 割れの発生がない場合のAE信号

(C) Copyright 2014, Nippon Physical Acoustics, LTD., A Member of MISTRAS Group, Inc. All right reserved