日本フィジカルアコースティクス株式会社

Home AE検査・計測サービス建設・土木分野のAE試験 鉄筋コンクリート床板
AEによる鉄筋コンクリート床板の疲労劣化診断
鉄筋コンクリート床版の疲労破壊を AE 法でモニタリングする手法を確立するために,モデル道路橋床版に対して,繰返し載荷試験を実施しました。その結果,検出された AE 信号の活動度を調べることにより,ひび割れ進展過程を評価できることが示されました。また,AE 発生源の二次元位置標定により,ひび割れが最初に供試体の中央から集中的に発生し,その後徐々に周辺部へ進展する過程をモニターできることが明らかになりました.さらに,荷重位相と AE の発生挙動との関係を解析することにより,劣化が進行し最終破壊に至る過程を評価できる可能性のあることが示されました。

(東京大学生産技術研究所第 5 部魚本研究室との共同研究)
鉄筋コンクリート床板供試体, AE センサ及び載荷装置
AE 計測中の MISTRAS 装置

(C) Copyright 2014, Nippon Physical Acoustics, LTD., All right reserved